賃貸物件のシステムキッチン タイプ別の特徴やメリットを知ろう!

賃貸あれこれ

一人暮らしの人は、ワンルームや1K、もう少し広い間取りを希望なら1DK1LDKの部屋を選ぶ場合が多いです。

 

そして一人暮らし向けの賃貸物件の中には、システムキッチン付きの部屋とそうでない部屋がありますが、そもそもシステムキッチンとは何なのでしょうか?

 

また、システムキッチンにはどのようなタイプがあるのでしょうか?

 

今回はシステムキッチンについてご紹介します。


賃貸物件に備え付けられているシステムキッチンの特徴


賃貸物件のシステムキッチン


システムキッチンとは、収納スペース・シンク・作業スペース(ワークトップ)・コンロが一体化したキッチンのことです。

 

「洗う・切る・調理器具や食器を収納する」のような一連の作業が手際よくできるよう、オールインワンになっている点が特徴です。


賃貸物件に備え付けられているシステムキッチンの種類


一人暮らし用の賃貸に据え付けてあるシステムキッチンは、おおよそ以下の3つの種類に分類されます。

 

I

 

シンクからコンロまで一つの台でつながっているタイプで、システムキッチンの中ではスタンダードなタイプといえるでしょう。

 

L

 

シンクの部分とコンロの部分がL字に接続されているタイプです。

 

コンロとシンクの位置が近く、小回りが利きやすいため、作業効率がアップします。

 

アイランド型

 

アイランド型は、キッチンの両サイドが壁にくっついておらず、島のように独立している点が特徴です。


賃貸のシステムキッチン レイアウト別のメリット


先ほどは賃貸物件のシステムキッチンの種類を紹介しましたが、今度はレイアウト別のメリットをご紹介します。

 

システムキッチンのレイアウトには、クローズ型・オープン型・セミオープン型の3タイプがあり、それぞれ以下のようなメリットがあります。

 

クローズ型

 

キッチンがリビングやダイニングと分離しているタイプです。

 

そのため、料理中のニオイが他の部屋に流れにくく、来客時にキッチンを見られにくい点がメリットです。

 

オープン型

 

キッチンからダイニングやリビングが見えるタイプのキッチンです。

 

リビングにあるテレビを見ながら料理や洗い物をしたり、友人や恋人・家族が遊びに来たときに作業をしながら相手とコミュニケーションを取りやすいメリットがあります。

 

セミオープン型

 

先ほどのオープン型と似ていますが、セミオープン型はキッチンの前にカウンターがあり、作業中の手元がリビングやダイニングからは見えない造りになっている点が特徴です。

 

そして、仕切りになっているカウンターは簡易テーブルとしても利用できますよ。

 

上記のレイアウト別メリットを見ると、クローズ型は料理中のニオイが他の部屋へ流れたり来客時にキッチンを見られるのが苦手な方向きといえるでしょう。

 

そしてオープン型・セミオープン型は、テレビを見ながら作業をしたり来客とコミュニケーションを取りたい方におすすめです。


まとめ


賃貸物件にあるシステムキッチンについてご紹介しました。

 

一人暮らしをする際は、気になる賃貸物件のキッチンがご自身に合うタイプかどうか、ぜひチェックしましょう。

 

大田区蒲田・大森エリアで一人暮らしをするなら、賃貸物件探しは蒲田大森不動産までぜひご相談ください

”賃貸あれこれ”おすすめ記事

  • 初めて賃貸の部屋探しをする際のコツを伝授!の画像

    初めて賃貸の部屋探しをする際のコツを伝授!

    賃貸あれこれ

  • 賃貸物件の火災保険はなぜ契約するの?保険料の相場や注意点は?の画像

    賃貸物件の火災保険はなぜ契約するの?保険料の相場や注意点は?

    賃貸あれこれ

  • メリットだらけ!?先行申込(せんこうもうしこみ)とは?の画像

    メリットだらけ!?先行申込(せんこうもうしこみ)とは?

    賃貸あれこれ

  • 賃貸マンションに入居したら自治会に入る?入らない?の画像

    賃貸マンションに入居したら自治会に入る?入らない?

    賃貸あれこれ

  • 分譲賃貸マンションとは?通常のアパートとの違いやメリット・デメリットをご紹介の画像

    分譲賃貸マンションとは?通常のアパートとの違いやメリット・デメリットをご紹介

    賃貸あれこれ

  • 賃貸の更新料を払う?それとも退去して引越しする?どっちがお得?の画像

    賃貸の更新料を払う?それとも退去して引越しする?どっちがお得?

    賃貸あれこれ

もっと見る