賃貸物件でタバコを吸うと退去時に原状回復費を請求されるかも!

賃貸あれこれ

分煙化が進む昨今、あなたがもし喫煙者なら、肩身が狭いと感じる機会も多いのでは?

 

せめて、家の中でホッと一服と思うのもうなずけます。

 

しかし、もしそれが賃貸物件ならおすすめできません。

 

賃貸物件での喫煙は、退去時に思わぬ費用がかかってしまう場合があります。

 

今回は賃貸物件で喫煙した場合の原状回復、対策についてまとめました。

 

タバコによる賃貸物件へのリスク


喫煙


喫煙による物件への影響は主にヤニ汚れです。

 

壁や天井のクロスに黄色いシミがつきます。

 

また、一人暮らしの場合、吸っている本人は気づきにくいのですが、においも物件への影響が大きいです。

 

特にタバコのにおいは苦手な人が多く、「においが気になる」というだけで内見に来た人から避けられることもあるでしょう。

 

これらの汚れやにおいは、ハウスクリーニングである程度取ることはできますが、完璧にとるのは難しいです。

 

それでは、退去時にはどの程度汚れやにおいを落とさなくてはいけないのでしょうか?

 

賃貸の原状回復 タバコの汚れはしぶとい


賃貸物件を退去する際には、入居前と同じ状態に戻すことが求められ、これを原状回復といいます。

 

国土交通省の定めた「原状回復をめぐるトラブルとガイドライン」により原状回復の判断がなされます。

 

一般的には、故意・過失がなければ入居時に納めた敷金から、クリーニング代を差し引いた金額が返却されます。

 

また、多少の傷や汚れも経年劣化とみなされ、家主の負担とされることが多いようです。

 

しかし、タバコの場合は煙が部屋の隅々まで広がり、汚れとにおいを蓄積させていきます。

 

汚れやにおいがひどい場合、天井や壁紙を全部貼り替えることもあるでしょう。

 

その際、敷金では費用が賄えない部分は、借主負担になります。

  

退去時に4万〜5万円の費用が、上乗せされることもあります。

 

賃貸物件ですべきタバコ対策


タバコによる汚れや、においを少なくしたい場合の対策はあるのでしょうか?

 

一つは、部屋の中で吸わないことです。

 

しかし、ベランダでタバコを吸うと、隣室へタバコの煙を漂わせてしまいます。

 

ご近所トラブルになることもあるのでベランダでは吸わず、近所の喫煙所を探しておくのがベストでしょう。

 

二つ目は空気清浄機を使用することです。

 

空気清浄機は、タバコのにおいのもとであるアセトアルデヒドを除去します。

 

ただ、空気清浄機でも完全に除去するのは難しいそうでしょう。

 

三つ目はこまめな掃除です。

 

壁を重曹を含ませた濡れ雑巾でふくと、ある程度汚れ、においを取ることができます。

 

水拭きだけよりも効果が期待できます。

 

一人暮らしの場合はこの作業は大変ですが、部屋も清潔になり退去費用の軽減になるので一石二鳥でしょう。

 

まとめ


いかがでしたか?

 

賃貸物件でタバコを吸うときのリスクについてご紹介してきました。

  

賃貸物件ではタバコを吸わないのが一番ですが、吸いたい場合は一人暮らしだと大変ですが、対策をすることが必要です。

 

私たち蒲田大森不動産では、蒲田駅、大森駅を中心に賃貸物件を数多く取り扱っております。

 

ぜひ、当社までお気軽にお問い合わせください。

”賃貸あれこれ”おすすめ記事

  • 賃貸マンションに入居したら自治会に入る?入らない?の画像

    賃貸マンションに入居したら自治会に入る?入らない?

    賃貸あれこれ

  • 引っ越しの手続きで忘れやすいのは?の画像

    引っ越しの手続きで忘れやすいのは?

    賃貸あれこれ

  • ハザードマップっていったいなに?蒲田のハザードマップや避難場所を徹底解説の画像

    ハザードマップっていったいなに?蒲田のハザードマップや避難場所を徹底解説

    賃貸あれこれ

  • 初めて賃貸の部屋探しをする際のコツを伝授!の画像

    初めて賃貸の部屋探しをする際のコツを伝授!

    賃貸あれこれ

  • 賃貸物件の火災保険はなぜ契約するの?保険料の相場や注意点は?の画像

    賃貸物件の火災保険はなぜ契約するの?保険料の相場や注意点は?

    賃貸あれこれ

  • メリットだらけ!?先行申込(せんこうもうしこみ)とは?の画像

    メリットだらけ!?先行申込(せんこうもうしこみ)とは?

    賃貸あれこれ

もっと見る