ハザードマップっていったいなに?蒲田のハザードマップや避難場所を徹底解説の画像

ハザードマップっていったいなに?蒲田のハザードマップや避難場所を徹底解説

賃貸あれこれ

ハザードマップっていったいなに?蒲田のハザードマップや避難場所を徹底解説

皆さん、「ハザードマップ」という言葉を聞いたことはありますか?
災害が起こるたびにニュースで取り上げられることも多く、意味はあまりわからないが聞いたことがあるという方も多いのではないでしょうか。
賃貸物件を探す際に、ハザードマップを気にしないで選んでしまうと、大きな災害に巻き込まれる危険性がアップしてしまいます。
そこで今回は、東京都大田区蒲田で賃貸物件をお探しの方に、蒲田のハザードマップについて詳しくお伝えしていきます。
賃貸物件を選ぶ1つの要素にしてください。

弊社へのお問い合わせはこちら

蒲田のハザードマップとは

そもそもハザードマップの正しい意味をご存じでしょうか。
ハザードマップとは、地震や液状化という自然災害が発生した場合の予想される被害範囲や避難経路をまとめた地図です。
主に国や自治体が作成しており、蒲田のハザードマップは大田区が作成しています。
日本は様々な災害が起こりやすく、洪水・地震・津波・噴火などそれぞれの災害ごとにハザードマップが作成されています。

蒲田のハザードマップ~液状化~

一時地震とともに大きな被害を与えた液状化をご存じでしょうか。
液状化とは、地震の際に地盤が揺れることによって地面が液体になり、マンションなどの建物が地面に埋もれてしまったり、倒壊するという現象のことです。
地震とともに液状化は大きな被害を生み出します。
液状化しやすい土地は、臨海部で埋め立てが行われた場所や過去に河川があった場所などが挙げられます。
実際2011年に東北地方太平洋沖地震が起こった際に、岩手県から神奈川県までの広範囲で液状化が発生して96もの市区町村が被害を受けました。
賃貸を選ぶ際には、災害用のハザードマップとともに液状化予測図で液状化しやすい土地でないかを合わせて確認しておきましょう。

蒲田のハザードマップ~避難場所~

では、実際に災害が起こった場合我々はどこに避難すればいいのでしょうか。
地震などで自宅が倒壊して住めなくなった場合、まずは一時集合場所に避難します。
一時避難場所は自治体や町ごとに細かく定められており、蒲田は大きく分けて東と西で避難場所が異なります。
その後一時避難場所から近所の人みんなで学校などの避難場所に移動して、災害が収まるまで集団生活を行います。
また、大規模な延焼等の災害の場合はすぐに屋内に避難するのではなく、多摩川の河川敷で待機する場合もあります。
蒲田で住みたい地域の避難場所をあらかじめホームページで確認しておき、家族でその地域の一時避難場所に集まれるように計画を立てておきましょう。

おすすめ物件情報|蒲田の物件一覧

まとめ

いかがでしたでしょうか。
今回は蒲田のハザードマップについて詳しくお伝えしてきました。
ハザードマップとは、命を守るための地図であり、地震や液状化が起こった際にとても役立つものです。
あらかじめハザードマップを見て避難場所を決めておき、災害が起こったらすぐに安全な場所に避難ができるように日ごろからシミュレーションをしておきましょう。
私たち蒲田大森不動産は、蒲田大森、品川区大田区の賃貸物件を中心に取り扱っております。
不動産のプロとして、お客様のご要望に真摯に向き合いますので、お気軽にお問い合わせください。
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

”賃貸あれこれ”おすすめ記事

  • 引っ越しの手続きで忘れやすいのは?の画像

    引っ越しの手続きで忘れやすいのは?

    賃貸あれこれ

  • 賃貸物件でNURO光が使える物件は少ない!?の画像

    賃貸物件でNURO光が使える物件は少ない!?

    賃貸あれこれ

  • 敷金礼金とはどんな費用?ゼロゼロ物件がある理由やメリットも解説の画像

    敷金礼金とはどんな費用?ゼロゼロ物件がある理由やメリットも解説

    賃貸あれこれ

  • 大田区で不動産会社、賃貸を探すときの画像

    大田区で不動産会社、賃貸を探すとき

    賃貸あれこれ

  • 賃貸マンションに入居したら自治会に入る?入らない?の画像

    賃貸マンションに入居したら自治会に入る?入らない?

    賃貸あれこれ

  • 初めて賃貸の部屋探しをする際のコツを伝授!の画像

    初めて賃貸の部屋探しをする際のコツを伝授!

    賃貸あれこれ

もっと見る