賃貸の退去をスムーズに!手続きや立ち会いの対応についての画像

賃貸の退去をスムーズに!手続きや立ち会いの対応について

賃貸あれこれ

賃貸の退去をスムーズに!手続きや立ち会いの対応について

引越しをすることになったら、さまざまな手続きや準備で忙しくなりますね。
入居中の賃貸を解約するための手続きも、スムーズに退去できるよう対応したい重要な項目です。
そこで、今回は、賃貸の退去について、解約の連絡から当日の立ち会いまで、わかりやすく解説します。

弊社へのお問い合わせはこちら

賃貸を退去するための連絡方法と解約予告期間

まずは、退去時に、解約をするための連絡手順を解説します。
はじめに、契約書をみて、「解約予告期間」と、契約時の「不動産会社」を確認しましょう。
解約予告期間とは、解約の予告はいつまでにすべきかを定めたもので、通常は1か月から2か月前の予告とされています。
不動産会社の連絡先もみつけたら、すぐに電話で解約希望の連絡を入れましょう。
その際、自分の氏名と一緒に、退去する物件名や号室、退去したい日をあわせて伝え、「解約通知書」を送ってもらうようにします。
通知書は契約時にもらっている場合もありますよ。
通知書の記入ができたら、不動産会社に返送します。
届いた日=受付日となるため、この時点で解約予告期間の期限を切らないようにしましょう。

退去日の「立ち会い」とは?賃貸の状況確認と修繕の負担

住んでいた賃貸を退去するときには、引越す当日に、傷や汚れの確認をする「立ち会い」もおこないます。
この立ち会いは、20分から40分くらいで済みますが、賃貸の部屋の状況を確認して、借主または貸主のどちらが修繕の負担をするか決めるものです。
損傷などが入居前からのものか、入居後のものかがポイントとされるでしょう。
具体的にはフローリングやクロス、ドアの開閉具合やたばこのにおいなどを確認します。
立ち会いは、不動産会社の担当者と二人でおこなう場合や、大家さんをまじえて三者でおこなう場合もあります。
最後に、立ち会いをして同意したことを証明する書類にサインをしますが、このときもあせらず、内容をよく確認してサインしましょう。

賃貸を退去するとき日割り家賃での精算は可能?

退去する日は必ずしも月末とは限らず、むしろ月の途中であることが多いでしょう。
最後の家賃は、日割りで払うことができるのでしょうか?
これについては、日割りと月割りで、どちらかを定めているものはありません。
そのため、賃貸の契約前に確認しておくことが、おすすめです。
日割りであれば、前月のうちに1か月分の家賃を納め、退去月に日割りにして精算する場合などがあります。

まとめ

快適に住んでいた賃貸も、転勤や結婚など、さまざまな理由やタイミングで引越す日がきます。
退去時も、スムーズに手続きしたいですね。
解約手続きの流れは、不動産会社ごとに違いもあるので確認して進めるとよいでしょう。
私たち蒲田大森不動産は、蒲田大森、品川区大田区の賃貸物件を中心に取り扱っております。
不動産のプロとして、お客様のご要望に真摯に向き合いますので、お気軽にお問い合わせください。
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

”賃貸あれこれ”おすすめ記事

  • 初めて賃貸の部屋探しをする際のコツを伝授!の画像

    初めて賃貸の部屋探しをする際のコツを伝授!

    賃貸あれこれ

  • 賃貸物件の火災保険はなぜ契約するの?保険料の相場や注意点は?の画像

    賃貸物件の火災保険はなぜ契約するの?保険料の相場や注意点は?

    賃貸あれこれ

  • メリットだらけ!?先行申込(せんこうもうしこみ)とは?の画像

    メリットだらけ!?先行申込(せんこうもうしこみ)とは?

    賃貸あれこれ

  • 賃貸マンションに入居したら自治会に入る?入らない?の画像

    賃貸マンションに入居したら自治会に入る?入らない?

    賃貸あれこれ

  • 分譲賃貸マンションとは?通常のアパートとの違いやメリット・デメリットをご紹介の画像

    分譲賃貸マンションとは?通常のアパートとの違いやメリット・デメリットをご紹介

    賃貸あれこれ

  • 賃貸の更新料を払う?それとも退去して引越しする?どっちがお得?の画像

    賃貸の更新料を払う?それとも退去して引越しする?どっちがお得?

    賃貸あれこれ

もっと見る