一人暮らしを始めるときの賃貸物件の内見は誰かと一緒に行くべき?

賃貸あれこれ

これから初めて賃貸物件で一人暮らしをする方は、誰かと一緒に内見へ行くことをおすすめします。

 

今回は、内見を誰かに同行してもらうメリットや注意点を詳しく解説するので、ぜひ参考にしてください。


一人暮らしを始めるときの内見は誰かと一緒に行くべき?


一人暮らしを始める


初めての一人暮らしで何かと不安も多い中、気になる賃貸物件の内見に行くときは誰かと一緒の方が安心でしょう。

 

例えば、大学へ入学するのをきっかけに実家を出て一人暮らしする場合には、親御さんと一緒に行って色々と確認するのがおすすめです。

 

家賃の支払いが親御さんであればなおさら、同行してもらった方が良いでしょう。

 

引っ越し先が遠方などで親御さんが来られない場合には、引っ越したことがある友人や知人に同行してもらうことをおすすめします。

 

初めて一人暮らしをする場合には、内見へ行っても物件の良し悪しや住みやすさなど、なかなか判断できないかと思います。

 

そこで、引っ越しの経験がある人と一緒に内見に行くと、経験者ならではの具体的な意見が聞けます。

 

続いて、内見へ誰かと一緒に行くと、自分とは違う意見や客観的な意見を得られる点もメリットです。

 

内見の時は気分が高まっていて、良いところに目が行きがちですが、実際に生活を始めてみると、不便に感じることが内見した時に気付けないことが多いです。

 

そのため、第三者に来てもらい客観的な意見が必要なのです。

 

「自炊をするのであれば、コンロは2口以上あったほうが良い」、「ユニットバスよりもバス・トイレ別の方が良い」など、具体的な意見は参考になるでしょう。

 

また、内見時には家具や家電のレイアウトのシミュレーションをすることがあるかと思います。

 

そこで、誰かと一緒なら家具を置くスペースの計測をしてもらったり、そのデータを書き込んでもらったりと協力を得られます。

 

実際に家具を置くシミュレーションでは、より具体的なアドバイスを聞けるため心強いでしょう。


誰かと一緒に一人暮らしの内見に行く場合の注意点


誰かと一緒に賃貸物件の内見に行く場合は、気を付けたい点もいくつかあります。

 

親御さんや兄弟など、家族と内見へ行くと、意見がぶつかって喧嘩にならないようにしましょう。

 

また、内見に一緒に行く人から気になる部分をたくさん指摘されると、なかなか物件が決まらなくなってしまいます。

 

物件選びでは妥協点も必要であるため、許容範囲を決めるなどしてさまざまな場所をチェックすると良いでしょう。


まとめ


初めて一人暮らしをする際の賃貸物件の内見は、誰かと一緒に行くと客観的な意見が聞けておすすめです。

 

しかし、遠慮がいらない家族と行く際には、お互いの意見を尊重しあって喧嘩にならないようにしましょう。

 

私たち蒲田大森不動産では、蒲田駅・大森駅を中心に賃貸物件を数多く取り扱っております。

 

ぜひ、当社までお気軽にお問い合わせください。

”賃貸あれこれ”おすすめ記事

  • 初めて賃貸の部屋探しをする際のコツを伝授!の画像

    初めて賃貸の部屋探しをする際のコツを伝授!

    賃貸あれこれ

  • 賃貸物件の火災保険はなぜ契約するの?保険料の相場や注意点は?の画像

    賃貸物件の火災保険はなぜ契約するの?保険料の相場や注意点は?

    賃貸あれこれ

  • メリットだらけ!?先行申込(せんこうもうしこみ)とは?の画像

    メリットだらけ!?先行申込(せんこうもうしこみ)とは?

    賃貸あれこれ

  • 賃貸マンションに入居したら自治会に入る?入らない?の画像

    賃貸マンションに入居したら自治会に入る?入らない?

    賃貸あれこれ

  • 分譲賃貸マンションとは?通常のアパートとの違いやメリット・デメリットをご紹介の画像

    分譲賃貸マンションとは?通常のアパートとの違いやメリット・デメリットをご紹介

    賃貸あれこれ

  • 賃貸の更新料を払う?それとも退去して引越しする?どっちがお得?の画像

    賃貸の更新料を払う?それとも退去して引越しする?どっちがお得?

    賃貸あれこれ

もっと見る